CADって何?

CADはComputer Aided Designの略称で、キャドと読みます。
コンピュータを使用することにより、建築物や機械といった、さまざまなモノの設計・製図に使用するシステムのことです。
なお、製図関連の機能に注目し、CADはComputer Aided Drawingと呼ばれる場合もあります。

未だに設計や製図のような仕事は、手書きで行なわれていると思っている人が多いです。
しかしながら、実際には数多くの作業がコンピュータで実現可能となったように、設計・製図の作業もコンピュータで可能になっています。
最近のことのように思っている人もいるでしょうがCADの歴史は長く、航空機の設計を行なうため、1960年代以降に誕生しました。
これをベースに、多くの技術により発展を遂げたのが、今の時代で役立てられているCADです。
CADは自動車、船舶、電器製品、工作機械、家屋、ビル、服飾、デザインといった具合に多種多様なモノづくりに利用されています。

CADの魅力は複数ありますが、簡単にデータの保存や受け取りが行なえる点があげられます。
手書きだと紙の状態で図面を保存し、保存しておくためのスペースも欠かせません。
また、図面の受け渡しをする場合、紙だと直接手渡しするか、郵送するかしなければなりません。
さらに紙は劣化しやすい点が厄介です。
CADであれば、このような不便で非効率なことはありません。
このサイトではまだまだあるCADの魅力をご紹介。
参考情報としてお役立ていただければこれほど嬉しいことはありません。



≪Special Link≫
Auto CADの環境と同じように使用できる互換ソフトのサイトです ⇒ Auto CAD

Copyright © 2014 CADとは?特徴と魅力を紹介! All Rights Reserved.